スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.31 (Tue)

この時期 ~般若心経~

毎年この時期、決まったように体調を崩す。
んで、何かしらのアクシデントにも見舞われる。
何かヘンなのに取り憑かれてるとか。。。
琵琶法師の芳一は、般若心経のお陰であの世に連れて行かれなかった。耳は失ったけど。
ジョン・レノンやスティーブ・ジョブズなんかも般若心経に傾倒してたという。
何かがあるんだろうね、般若心経には。

ということで毎年今ごろ、般若心経を読んいる。
そしたら昨年、なんと、暗記してしまった。
気持ちや精神を落ち着かせるには般若心経いいね。
常に平常心でいれるから。
それに、、、
般若心経を唱えることができれば、何かの役に立つかもしれない。
例えば、四国八十八カ所の遍路に出たときとか。
はたまた、お坊さんの変わりに法要をするとか。ないない。
でも、般若心経を唱えて、ちょいと話しするくらいはできそう。
それで数万円。
バチ当たりめ!なんて言われそうだけど、、、
でも、これも一種の洗脳ですよ。

誰もが高いと思っている戒名代やお布施。
けど、先祖供養といわれれば納得。(渋々?)
そもそも先祖供養というのは、古代中国の殷の時代の宗教的伝統で、それがのちに儒教の中に引き継がれ、さらに仏教にも取り入れられたもの。
日本の仏教儀式も儒教化されていて、さらに神道も加わり祖先神崇拝がたっぷり入り込んでいる。
例えばお盆。
墓参りや仏壇に立てる線香。これはもともと儒教のもので、天界にいる祖先の霊が線香の煙を辿って地上界に帰ってくるためのもの。
でも、仏教の理論からすれば祖先の霊なんて存在しないはずですが、、、
だって、どこかに輪廻転生しているんだから。
今生きている僕らも前世では誰かの祖先だったかも知れないし、祖先を崇拝するなら自分をあがめよう、ということになる。そして、肉は食さず虫も殺さない。これが一番の先祖供養。
仏教が説くところでは、亡くなった人はみな仏界を目指し、最後は仏界で成就してるはず。そのためにバカ高い戒名代を払ってるしね。だから、その後も供養し続ける必要はないはず。

とは言うものの、親や先祖を想う気持ちは誰もが持っている。
習慣として命日やお盆は亡くなった人を偲ぶいい機会だが、自分次第でいつでも偲ぶことはできる。寺に行かなくても。
寺の檀家制度や既得権益に疑問を感じつつも、毎年お盆にお布施を払わせていただいています。はい。

んで、般若心経。
お釈迦様が入滅して500年後くらいして新たな仏教運動が起こった。
従来の仏教は出家した特別な人たち向けのものだったが、そのとき生まれた仏教は在家信者も悟りを得て解脱することができると説いた。出家修行者だけではなく在家の信者も悟りの世界、いわゆる彼岸(ひがん)に載せていってくれる大きな乗り物に例え大乗仏教という。
そのときに作られた仏典に般若心経もある。
大乗仏教の理論を大成した人が2世紀~3世紀の南インドの人でナーガルジュナ。漢訳で龍樹。
彼の理論は哲学的で、「依存関係による生起」というのがある。これが「空」の概念。般若心経の重要概念「色即是空、空即是色」の「空」である。

苦の原因は、諸行無常(あらゆる存在は遷り変わる)の真理に気づかず、無常である存在に執着するところにあるという。その願望が煩悩。
悟りを得たいとか、救われたいとか、そんな気持ちは全くないし、逆に願望に執着することで僕はパワーを得ている。
それでも、「無」の境地と「空」の概念は、考えるのではなく感じるものだとわかってきた。
人生が無常なら、この先どうなるかは誰にもわからない。

だから、最後は自分の直感と本能にかけたい。

穏やかに激しく、そんで自由に生きようか。

ちなみに、毎年この時期恒例の体調不良とアクシデント。

今年はまだ来てないね。


スポンサーサイト
20:04  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。