スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2016'08.29 (Mon)

「夜BBQ」

今年何度かバーベキューをして確信した。
今の僕の身体で、炎天下でのバーベキューはムリだって。
なので、、、
ここ最近は、夕方から始める夜BBQにハマってる。
友人のトニー(こてこての日本人)は、炎天下のなか汗ダラダラ状態でのビールも最高みたいだけど、さすがにこの夏の直射日光は堪えたようだ。
ということで、先々週、夜BBQをした。
平日、仕事終わってから速攻で。
炭の火起こしはもう手慣れたもので、乾杯してちょいと飲んでるうちに火はボウボウ。
超~余裕のよっちゃん! 古っ。
でも、最初の頃は汗だくで苦労したんだよね。

脂の滴る焼きたて熱々の肉にかぶり付き、冷えたビールをグビグビ。
クゥ~~っ!(トニーの口ぐせ。)
川平 慈英(かびら じえい)か。
涼しい川風、川のせせらぎ、そしてバッググランドには真っ赤な夕日。
そして、日が沈むと、今度は星空が広がる。
遥か古(いにしえ)から変わらぬ天空。
そう思いを馳せて夜空を見ていたら、915年の十和田大噴火では、ここ(川原)も土石流に飲み込まれたんだよな、なんてことを思ったりした。
それは「八郎太郎」伝説として、今も語り継がれてる。
十和田湖、八郎潟、田沢湖の三つの大きな湖にまつわる秋田の伝説だ。

昔、八郎太郎という体が大きくて力が強く、気立ても優しい若者がいた。ある日、八郎太郎はマタギ仲間と3人で十和田の山奥へと入っていった。
炊事当番だった八郎太郎が水を汲みに川に行くと、川の中にイワナが3匹泳いでいた。八郎太郎はそのイワナを捕まえ、3人で1匹づつ食べようと串に刺して焼いていた。ところが、あまりに美味そうなにおいに耐えきれず、仲間が戻ってくる前にイワナをすべて食べてしまった。
その後、八郎太郎は焼けるような喉の渇きを覚え、川の水を飲み続けた。そして、ふと水に映る自分の姿を見ると、竜になっていた自分がいた。。
八郎太郎は自分の変わり果てた姿に嘆き悲しみ仲間と別れた。そして沢の流れを堰き止め湖を作った。それが十和田湖で、八郎太郎はそこの主となった。
平温に暮らしていたある日のこと、南祖坊という修行僧が十和田湖のほとりにやって来た。南祖坊は目の前に広がる十和田湖を、権現様からお告げのあった永住の地としようとした。そのとき、南祖坊の前に八郎太郎が姿を現した。
そして南祖坊と八郎太郎の戦いが始まった。互いに譲らず激しい戦いになったが、最後は八郎太郎は切り裂かれ敗れた。十和田湖から大湯の川沿いを敗走し、その勢いのまま米代川を下り比内や鷹巣を通って八郎潟へと辿り着き、今度はそこを永住の地とした。
八郎太郎の物語は、このあと辰子伝説へと続くが、秋田県にはこのようなスケールの大きな伝説がある。
その八郎太郎と南祖坊の戦いは、915年の十和田湖の大噴火が元ネタだと言われてる。米代川を敗走する八郎太郎が、鹿角を飲み込んだ火砕流や、噴火後、比内や鷹巣を飲み込んだ土石流だとされる。

実際、比内や鷹巣からも、当時の災害を受けた集落が発掘されている。
土石流は、僕らがBBQをしてるこの場所を確実に流れた。コワイコワイ。
十和田湖の大噴火は、ここからどんなふうに見えたのかな?
その時代、いくらトニーのように危機管理意識が高く、その能力に長けた人物がいたとしても、十和田湖の噴火で自分たちがやられるなんて想像もしなかっただろう。
きっと、飲み込まれる瞬間、えっ、何? って感じだったろうね。
だから、助かった人たちは大噴火のあまりの凄まじさと被害の大きさを、八郎太郎と南祖坊の戦いの伝説として語り継いできたんだろう。
これが情報網の乏しかった時代の人たちの知恵。

いつやってくるかわからない災害。
油断や驕る(おごる)ことなく逃げる場所とその方法を考え、自分の身の安全の確保をしないと。
川原でのBBQ時、常に上流の天気を気にするトニー。
その心がけは、さすがだと思うね。
いい歳こいたおっさんらが、急な増水に気づかず中州に取り残され、ヘリコプターで救助。
そんなニュース映像を全国放送で流されたら、街歩けんわ。

ということで、大噴火から1101年後の今、土石流が流れたその場所でBBQをしてる僕ら。
そして、前回の夜BBQは最高だった。
酔いもまわり暗くなってきてから益々ノリノリ。
結局、10時まで盛り上がった。
そんなわけで、夜BBQにハマってる。

さて、今年は後何回できるかな。

行く夏、来る秋。

寂しさを感じつつも、今を楽しんでいる。


スポンサーサイト
19:39  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。