スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2015'06.26 (Fri)

同級生H

最近、何かと慌ただしい。
というのも、お盆の帰省に合わせて同期会を開催することになり、幹事を務めるから。
日時や場所は決定。
案内用のハガキ作成や名簿の住所確認などを進めている。
来週早々に発送を予定しているけど、、、
間に合うかな。。。

昨日、住所を確認しようと同級生に電話した。
呼び出し音が何か変。
遠いし雑音もある。それにもめげず、しばらく呼び続けてたらやっと同級生がでた。
お~、久しぶり。
なんて話してたけど、やっぱ遠い。んで、雑音。
「何か、声が遠いな」僕。
「今、ネパールなんだよ。震災復興で」と同級生H。
「ハイっ? ・・・」僕。
何でまた? なんてHに聞くのは野暮。
正しいことは正しい。そのために、やれるべきことはやる。
そういう芯の強さが彼にはある。
でも、、、
いつもそうだけど、電話で話すたびに僕は驚かされる。
その中でも、今回は超ど級だった。

東日本大震災のときも被災地に駆けつけていたのは前に話して聞いていた。
それ以降も日本各地で災害があれば、復興の手伝いに駆けつけたという。
全国放送のニュースで流れた2年前の大館の豪雨災害。
その日のうちに、僕に被害状況を聞く電話がきた。
んで、今、東京駅にいる。これから大館に向かうという。
Hの行動力にはいつも驚かされる。
前に電話をもらったときは、その行動力と実行力に刺激をもらった。

それは昔からそうだった。
並みの人間とは違うのを、初めて会ったときから僕は感じていた。
入学式で初めて僕たちは会った。
僕と同様、Hも年齢が違う訳ありの一人。
Hは率先してクラスメートをまとめ、車いすの僕を4人がかりで持ち上げて階段の上り下りをしてくれた。いつもクラスをグイグイ引っ張っていくタイプの人間だった。僕は最高の仲間に出会えた。
Hや同級生に言わせれば、ヤツらは僕に感謝してるという。
何で?

僕らの高校生活では普通だった車いすをウイリー(キャスター(前輪)上げ)して段差を上げたり、車いすごと持ち上げて階段を上り下りしたり、、、
そんな車いすの操作や扱いが普通に身についていたという。
それを卒業して気がついたそうだ。
社会に出て、街で困ってる車いすの人に出会うと自然に声をかけ手助けできるという。そのことを僕に感謝だそうだ。そう言ってもらえて、僕もうれしい。
今、ネパールの震災復興に駆け付けている同級生のH。
僕らの高校生活の体験が根底にあるのかな。

ネパールの地で懸命に頑張っているHの姿を思い浮かべ、、、
心に清々しさと、最高のうれしさを感じている。
僕は募金しただけだけで、、、
行けないし、手伝えないし、、、
でもその気持ちだけは十分ある僕の分までがんばってきてほしい。

浩、、、
いつの日か、心行くまで語り合おう。

会える日を楽しみにしている。


スポンサーサイト
19:58  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。