スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2014'10.31 (Fri)

秋の十和田湖へ

26日(日曜)、前日一緒に車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配りを行なったNPO法人あいの会員の友人夫妻と十和田湖に行ってきた。
雲一つない青空が広がり、一日中、超快晴だった。
前回一緒に十和田湖に行ったのが6年前の6月か7月頃。
今回、紅葉の見ごろは終わったかもしれないが、前回とまた違った十和田湖を見て、その素晴らしさを感じてもらえれば嬉しい。

やはり、十和田湖の紅葉は終わりに近かった。
でも、途中の樹海ラインでは燃えるような鮮やかな赤や黄色で彩られていて、空の青さに妙に映えて見えた。

DSCF1743.jpg

DSCF1736.jpg

DSCF1730.jpg

十和田湖近くになるとやたら風が強くなり、大量の落ち葉が舞っていた。
観光バスや県外ナンバーの車で発荷峠は満車状態。

DSCF1695.jpg

DSC04510.jpg

発荷峠から一望できる十和田湖の眺めは最高。感動もの。(友人の弁)
それにしても、風が強かった。
正面から吹かれると息ができないほど。それくらい強かった。

湖畔の遊歩道を散策。
強風で湖面は波立ち、まるで荒れた海のようだった。
背中から吹く強い風で、車いすはこがなくても勝手に進む。らく~。(友人の弁)
逆に、帰りは大変だろうな、、、

DSCF1710.jpg

DSC04524.jpg

DSC04519.jpg

DSCF1712.jpg

昼は休み屋の食堂で食べた。
友人は十和田牛バラ焼き定食。味見させてもらったが美味かった。
B-1グランプリで優勝しただけのことはある。
僕と友人の奥さんはラーメン。味は超フツウ~。チャーシューは厚みがあったな。
まっ、身体が温まってよかった。

帰りの発荷峠までの上り坂、上に行くにつれて湖面の青さが鮮やかに増していくのがわかった。空も真っ青。上を見ても下を見ても青だった。
自然の成せる技に友人夫妻は歓声。
僕は曲がりくねった上り坂を必死に運転。腕力が無いので山道は苦手でね。
十和田湖の青さと美しい景色に後ろ髪を引かれる思いで、そこを後にした。

途中、樹海ライン七滝の道の駅。

DSC04529.jpg

青空から流れ落ちてくるような滝を、滝の真下で見れたことにやたら感動していた友人夫妻。車いすで真下までで行けるなんて滅多にないからね。そこまで行く途中の橋が急で車いすでは大変だったようだ。
七滝の道の駅は、ぶどうのソフトクリームが名物(かな?)。
日が差して暖かかったので、たくさんの人が食べていた。
僕らも3人で食べた。ほんのりと、ぶどうの香りと味がした。美味かったです。

天気に恵まれた一日。

友人夫妻には自然を満喫してもらえたし、、、

また一つ、十和田のいい思い出ができました。


スポンサーサイト
20:38  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。