スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2014'09.26 (Fri)

チンギス ハーン ~蒼き狼~

そういえば今年の夏、ビアガーデンに行った。
ジンギスカンと冷えたビールは最高だった。
ジンギスカンのラム肉から、僕はモンゴル平原とチンギス ハーンに想いを馳せた。
そして僕の中で、ジンギスカン(グループ)のジンギスカン(曲)がリピートした。



ノリノリ~

かつて、中央アジアから中東、さらにロシア、東ヨーロッパを席巻し、人類史上最大版図を誇った帝国があった。その帝国を一代で築き上げ、治めたのがチンギス ハーン。
征服された国は、すべて略奪され破壊され、人々は虐殺された。その冷酷さと残虐性で、チンギス ハーンは世界を恐怖に陥れた。

テムジン(チンギス ハーン)の父イェスゲイ。
モンゴル族(ボルジギン氏族)の首領の一人だったが、敵対するタタール族にあっけなく毒殺されてしまう。このときテムジンは9歳。イェスゲイの元にいた一族はテムジン一家を見捨てて次々と去ってしまう。
わずか9歳のテムジンに付き従うのは母と7人の兄弟だけ。幼いテムジンは、さらに父イェスゲイを暗殺したタタール族にも命を狙われた。
広大なモンゴル高原は見晴らしが良く、逃げ隠れするには適さない。というか最悪。生き抜くためにテムジンは山や川での狩猟採集生活に入った。誇り高い遊牧民族にとって、狩猟採集生活ほど屈辱的なことはない。本来なら馬を駆り、草原を疾走するのが遊牧民なのだから。
ある時、猟で鹿を仕留めたが、獲物の分配で弟たちは兄弟げんかをした。その弟2人をテムジンは殺している。食べ物の奪い合いで兄弟を殺す。泥水をすすり、生きることさえままならない貧困と絶望の中をテムジンは生き抜いた。忍耐力、実行力、決断力、冷徹さなど、やがて諸部族を統一する資質をこの時にテムジンは身につけていった。

運命を呪うほどの辛酸を舐めても、テムジンは決して自暴自棄に陥ることはなかった。目的のためには我を捨てた。積極的に他部族とも連合し軍事力の強化に努めた。
そして、徐々に力をつけていったテムジンに最大のチャンスが訪れる。モンゴル高原最強のケレイト族の首領ワン ハーンとの同盟。もし、この同盟がなかったなら、チンギス ハーンの名前もモンゴル帝国も歴史には登場しなかっただろう。
ワン ハーンとの同盟で力を得たテムジンは、その強大な軍事力で、モンゴルの有力部族を次々と撃破し、さらに、父を毒殺し自分の命まで奪おうとしたたタタール族をも滅す。しかし、一方で同盟者ワン ハーンとの亀裂が生じてしまうが、決戦の末、勝利する。
モンゴル高原の諸部族を配下に従えたテムジンは、1206年、モンゴル族のクリルタイ(大会議)にて大ハーン(王)の称号をうけ、チンギス ハーンとなった。こうして、歴史上最大版図を持つモンゴル帝国が誕生した。

1219年、チンギス ハーン率いる最強軍団が西に向け進軍する。史上最大の殺戮と破壊の始まりがそれである。モンゴル軍は抵抗した住民を虐殺し都市を徹底的に破壊した。その残虐さを知らしめることで、征服支配する国に抵抗する気さえ失わせた。
チンギス ハーンが征服し領土とした国は東西交易には重要な国ばかりで、交易路を完全に支配することで財を成し、大遊牧民国家の礎を築いた。その成功が最大の功績である。
過酷な環境で生き抜き、その大半を戦場で過ごしたチンギス ハーン。
しかし、ついに天命が尽きる。1227年、タングート王国を攻略中に没した。

殺戮と破壊により世界規模で人々を震え上がらせたチンギス ハーン。
その記憶は時空を超え、現代でも語り継がれる。

人生とモンゴルの高原を疾走した蒼き狼。

その雄姿はモンゴル人の誇りとなり、今も生き続けている。

あ~、またラム肉食いてぇ~

スポンサーサイト
20:22  |  歴史もの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。