スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2014'02.21 (Fri)

陽気な・・・

ここ数日、朝の冷え込みが厳しい。
でも雪はほとんど降らず、降って積もったとしてもサッとで日中にはとけてしまう。
それでも昨日(20日)の朝は10センチくらい積もった。
これから病院なのに。。。 まだ降ってるし。。。

向かっている途中には陽が差してきた。
おまけに、労災病院の方は雪も積もってないぞ。
同じ大館でも違うもんですね。

病院帰り、「陽気な母さんの店」に寄った。
この店ができてから10年くらいなるのかな? けど、中に入るのは今回が初。
駐車場に車を停めてドアを開けたら、隣りに軽トラが入ってきた。
そして僕が車いすを出そうとしてたいら、、、
それに気づいた軽トラのおじいさんが、「俺、こごさ停めね方いいべ。じゃまだもんな」と。
ドアを全開にできたし、さらに余裕もあったので僕は「大丈夫ですよ」と。
でも、そのおじいさんは軽トラをバックさせて移動してくれた。
店に入るとき一緒になったので、「ありがとうございます。わざわざ、すいませんでした」と、お礼した。
「何も大丈夫だ。気にすんな」とおじいさん。
そしてさらに、入口のドアを開けて、僕が入るまでドアを押さえてくれていた。
おじいさんの行為、親切が嬉しかった。超自然で。
僕は一気に心が温かくなったんだ。
「陽気な母さんの店」に入る前に、僕の気持ちが陽気になった。

「陽気な母さんの店」。
それにしてもいいですよね、この店のネーミング。
一度聞いたら忘れないし。
さぞかし陽気で明るい店員さん(母さん)がいるのかな、、、
普通じゃん。

ここは産地直売店で、新鮮な農産物がずらりと並ぶ。
その農産物の生産者の名前と顔写真があり、その写真には陽気そうな母さん(おばあさん)たちの笑顔があった。
農産物の他にも、おばあさんたちの手作りの餅菓子や干し餅、さらには弁当や惣菜も売っていて、どれもおいしそう。
自家製がっこ(漬け物)も種類が多く、味見してみたけど、どれもおいしかったです。

自然を相手に、農産物を育て生産するまでには大変な苦労があるはず。
でもその苦労があっても、生産できた喜びや、そのことへの感謝、そんな思いがあの笑顔の写真に表れているんだろうな。。。
おいしそうに食べてくれる人がいる。
その笑顔を思い浮かべると、陽気な気持ちにもなりますよね。
おいしいものを食べて陽気になってね、そんな思いが「陽気な母さんの店」という店名に込められているんじゃないのかな。
と、勝手な僕の想像です。


僕のことだから、労災病院に行くたびに、きっとここに寄るんだろうな。

さぁ、もうすぐ春です。

おいしいもの食べて、陽気になりましょう。


スポンサーサイト
20:35  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。