スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'03.30 (Sat)

堀江貴文氏の仮釈放

粉飾決算事件で懲役2年6カ月の実刑判決が確定し、服役していた旧ライブドアの堀江貴文元社長(40)が27日、収監先の長野刑務所から仮釈放された。
堀江元社長は、自社株の売却収入を売上高に含めて約53億円の粉飾をしたなどとして証券取引法(現・金融商品取引法)違反の罪に問われ、2011年5月に懲役2年6カ月の実刑が確定。同年6月に東京拘置所にいったん収監され、刑務所に移されていた。
--------------------------------
堀江氏が逮捕されたとき、テレビ局は拘置所までの護送を一部始終ライブ中継した。
ライブドアという新興企業に乗っ取られそうになったフジテレビが、堀江=悪という図式で国民感情を意図的に煽ったとか?
テレビが持つパワーはすごい。新聞やネットの活字では伝わらないものまで伝わる。
物事の本質まで見失わせることだってできる。使い方しだいでは、ほんとアブナイ。

んで、コメンテーター。。。
堀江氏は粉飾決算で株主を騙し損害を与えた。彼にとってカネは全て、カネのためなら何でもすると責め立てた。
確かに堀江氏も「人の心はカネで買える」と言っている。
それとは逆に、「いや、カネは全てじゃないぞ。幸せはカネじゃ買えないと」という人もいる。
確かに。。。

でも、世の中には一食に数万、数十万円もかける人もいる。その一方で、その一食を取ることができずに餓死する子どもたちがいる。水の感染症で1日1万人以上の子どもたちが死んでいる。
世界では毎日数万人もの子どもが飢えと感染症で命を落としている。
エイズの進行を防ぐ薬はあっても、それらを最も必要とするアフリカの貧村には届くことはない。

水も薬も世界中にあふれているのに、手に入れることができない人がいる。
カネがない人たちだ。つまり、カネがなければ生きることもできない。その言い換えが、「カネがあれば何でも買える」だ。嫌な言い方に聞こえるかもしれないが、でもそれが世界の真実。
堀江氏はそれを語ったに過ぎない。

堀江氏がこだわった時価総額世界一。
「時価総額=株価×発行株数」
時価総額は株価が高いほど、発行数が多いほど値は上がる。時価総額は企業買収では全てに優先する。時価総額にこだわるのはこのため。
元気のない日本。企業はもちろん、土地やビルまで海外資本に買いまくられている。
そんなとき現れたのが堀江氏だった。彼は世界に君臨する欧米企業に立ち向かおうとしたのかもしれない。本人にはその気がなくとも、僕にはそう思えた。
彼には常にやるかやられるかという、全てに全力をそそいだ潔さがあった。
日本人がとうの昔に失ってしまった心意気のような。
時代が彼のような人物を求めたのかもしれない。

仮釈放後の記者会見。
やつれた? 凛々しくなった? まっ、これが本来の姿なんでしょう。
んで、まだ40歳。十分やり直せる年齢だ。
「世の中にすばらしい技術があって、もっと普及すればもっと(世の中が)良くなるのに」というもどかしい気持ちを伝えていきたい。
この言葉が僕の印象に残った。

今後の堀江貴文氏に注目。

期待の意味を込めて。。。


スポンサーサイト
13:35  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。