スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2012'06.29 (Fri)

暑い

大館の今日の気温は32.3℃。連日の真夏日だ。
朝はちょっと冷えたりもしたが、朝から快晴だとやっぱり気持ちいい。
暑さには弱い僕だけど、夏は大好きだ。今年の夏も今から楽しみ。

朝仕事に行き、センター1Fのロビーを通ったら、二人連れのおばあちゃんがソファーに座っていた。
「おはようございます」と挨拶して、その横を車いすで通りすぎた僕。
そのあばあちゃんたち、何も言わずにジ~っと僕を見てるぞ。
僕が2~3メートル過ぎたころで突然話し始めた。
「一人で大したもんだなぁ」なんて。
近くには僕以外いないし、僕を見てるし、僕のことだろうなぁ。
本人に思いっきり聞こえてるんですけど。。。

エレベーターに乗るとき、チラッとおばあちゃんたちの方を見たら、まだ僕の方を見ている。
注目されてるし二人の話題にもしてもらったし、黙って行っちゃうのもなぁ。
ピースしてウイリー(キャスター(前輪)上げ)でもしようか。
あっ、それ、僕できなかったんだ。コケたらシャレならんわ。
仕方ないので、ただ「どうも」と一礼してエレベーターに乗った。
おばあちゃんたちも一礼していた。
ふつ~に通りすぎ、ふつ~に生活してるだけの大したこともない僕なのに、感心して話題にしてくれてありがとう、おばあちゃんたち。
話題がなくて暇だったのかなぁ。まっ、いいや。

仕事帰り、イエローハット(カー用品店)に寄った。
思いっきり強い西陽で、直射日光がモロに当たる。マジ暑い。クラクラ
車いす用駐車場がなかったので、隣りが空いているとこに停めた。入口にはそんなに離れてないけど、ちょっと斜めなので坂になっている。ちょっとした坂でも僕は苦手。
暑くて、もう肩で大きく息してる状態で大丈夫かな。多少心配。
でも、いつも不安は行動で打ち消してきたぞ。僕は大丈夫(きっと)。
いざ、車いすを下ろしトランスファーして建物へ。クラクラ、ヤバイ。
思いや気持ちは十分なんだけど、最近、体力が追いついて来ない。これも歳だから?
いや違う。急激な暑さに、まだ体が付いていかないだけだ(きっと)。
きっと、、、この不確定で希望的な言葉が増えた? んっ、これもヤバイとか?

店内に入ってもまだクラクラ。ダルイ。もしかして熱中症?
少ししたら治まってきたっけ。よかったぁ。
目的のものがあるコーナーへ。ピンキリだね。やっぱいいのは高いわ。
せっかくだから店員さんに質問し、あれこれ説明を受けた。
欲しいけど、、、
今日はここまで。じっくり検討しよう。よし、今日の目的達成。帰ろうっと。

外は陽が差してまだまだ暑そう。またクラクラするんだろうな。
んっ、ションベンしたいな。トイレ寄ってこ。
ここ、車いす用のトイレがないぞ。普通のトイレは入口が狭そうだし、ドアのバネ(?)キツそうだし。
車に行ってペットボトル(決してペットボトルの口に入るくらい小さいんじゃないぞ。セルフカテーテル使ってるんからだよ。大差なかったりして)にしてもいいんだけど、この暑さじゃ死ぬわ。
もしかして、隠れたとこに車いす用のトイレがあるのかもしれない(んな訳ないない)。
近くに若くて(20才そこそこ)綺麗で愛想が良さそうな店員さんいたので(偶然)聞いた。
「車いす用のトイレってありますか?」と。(無いの知ってるのに)
「申し訳ありません。ないんです」と恐縮顔。あのキツそうなドアだけでも開けてもらおう。
「すいませんが、ドアだけ開けてもらえますか?ちょっとキツそうなので」と僕。
「もちろん、大丈夫です」と今度は笑顔な店員さん。ドアは開けっ放しにしておいてもらった。
ありがとう、店員さん。

ということで、無事トイレも終了。
さっ、今度こそほんとに帰ろうっと。
車は超暑かった。一気に汗が吹き出したぞ(胸の上から上だけだけど。肩から上か)。
やっぱ、車の中でションベンしてたら死んでたわ。トイレ入れてよかった~

帰ってすぐ、汗を流しながらのビール(発泡酒だけど)。
うまかったな。

暑い中、ちょっとした涼を楽しめる夏ってやっぱ僕は好きだ。
さっ、来週から7月だぞ。

今だけの暑い夏を楽しもうよ。
ダウンしない程度にね。


スポンサーサイト
19:53  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。