スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'12.31 (Sat)

2011年 大晦日

今日で2011年も終わる。
今年は忘れられないこと、いや、忘れてはならないことがあった。
3月11日の東日本大震災だ。

震災前から日本はヤバイ状況にあった。
財政危機、円高、デフレ、年金破綻、先の見えない大不況、仕事がない、就職難、格差、少子高齢化、等々。
経済、政治、外交、全てにおいて。
ほんと、社会全体を閉塞感が覆っていた。
そんな時の大震災。津波による福島第一原発事故。
目を背けたくなるような現実が目の前で起きた。

日本。。。
これまで何度も大飢饉や災害があった。
日露戦争後、日本の財政は破綻寸前だった。そして敗戦。
それでも立ち上がってきた。何度も、何度も。
これが私たち日本人の歴史だ。
そしてまた今、震災により計り知れないダメージを負った。ダメージなんて言葉では言い表せない程の。

明治維新、欧米列強はアジアを次々と侵食(植民地化)していった。
そんな中、極東の小国ながら日本は果敢に立ち向かった。
完全なる独立国を目指して。
朝鮮半島と満州を狙う大国ロシア。それに抵抗したのが日露戦争だった。
兵力、財源など国力には歴然の差があった。勝ち目などなかった。
でも、やらなければ、やられる(日本も植民地化される)。
そんな弱肉強食の世界を生き抜いた。
しかし、最後は原爆を投下されて敗戦。

戦後の焼け野原。
食料もない、家もない。国の支援もない。もちろん、ボランティアなんてのもいない時代。
ひたすら生きるだけの日々。
国そのものが滅亡の危機に瀕した。
それでも、日本人は立ち上がった。

過去に多くの悲劇や困難に遭遇しながらも、そのたびに乗り越えてきた日本。
だから、やり直せる。
何度でも。何度でも。

光は必ず差す。

----------------------------

2011年も今日で終わりです。
今年も沢藤聖のブログを愛読くださいましてありがとうございます。
みなさんにとって、2012年が希望の年になりますようお祈りいたします。


スポンサーサイト
15:42  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。