スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'03.31 (Thu)

姪っ子が泊まりにきた、そして新年度へ

今年度も今日で終わり。
退職される方々が挨拶回りをされていました。40年間、本当にお疲れさまでした。
退職後、ゆっくりされる方もいれば、次の職場でまだ働く方もいるでしょう。
いずれにせよ、これからもまだまだ長いです。
第二の人生を、楽しく生きていってほしいと思います。

昨日、春休みの真っただ中の姪っ子華乃(かの)が友だちと一緒に泊まりに来ました。
ほんと久しぶり。今年初かな、たぶん。
夕方に来たので、まずはみんなで一緒に夕食の準備。
華乃たちにはキャベツの千切りをしてもらった。悪戦苦闘しながらも楽しみながらやってたっけ。ほほ笑ましい姪っ子たちのやり取りを見ていた俺は何か温かくなったよ。

01

02

まぁ、キャベツは千切りじゃなく、バリバリキャベツになってしまった。けど、みんなでわいわい食べる食事ってやっぱり美味い。第一、楽しい。姪っ子たちの食べっぷりもまたいい。子どもは、こうじゃなきゃな。

食べた後、華乃たちは散歩に行った。俺の「車いす」を借りてったよ。
子どもたちにとっては、車いすも遊び道具だ。それでいい。
俺は「車いす」に慣れてほしいと思ってるんだ。車いすに乗って大変さを知り、どう手伝ってほしいか体験から知ってもらいたいんだ。
そして、もし車いすに乗った人や身体が不自由な人が困っているのを見かけたら、ためらわずに手を貸してあげれる人になってもらいたいんだ。本当の強さを持っている人に。
帰って来てからもトランプしたり、指だけで毛糸を編んで遊んでたな。

最近大人びたせいか、あまりしゃべらなくなってた姪っ子だった。
けど、昨日はほんと元気だった。やっぱ、子どもってこうじゃなきゃな。
姪っ子も含め子どもたちは可能性を秘めている。未来もあるし、元気に育つ姿に希望も感じる。
今の子どもたちが、頑張ってくれる。必ず!
絶対に負けないよ、この子たちは。

華乃たちの姿に、俺も思いっきり元気をもらったよ。

明日から新年度だ。

しっかりと前に進んで行く!


スポンサーサイト
20:04  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。