スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'10.30 (Sat)

「国会」ってこんなんでいいの?

政府は総額約5兆900億円の追加経済対策を柱とする2010年度補正予算案を閣議決定した。29日に国会に提出し、12月3日までの会期内成立を目指すそうです。

予算委員会って、予算の審議をするところだよね?
でも、私は予算委員会で予算の議論してるのを見た事がない。ほんと不思議だってずっと思ってる。
円高株安、デフレの流れが止まらない。雇用も景気も最悪。生活も苦しくなっていく一方。国民は一刻も早く何とかしてほしいと切に願っている。
なのに、予算委員会ではもっぱら「政治とカネ」の追及が行なわれている。なんで国の予算を決める場で、個人の「政治とカネ」の問題を追及しなきゃいけなの。
国民のためにちゃんと経済対策の議論をして、しっかりとした予算案を作成してほしいんだけど。
「政治とカネ」を追及する分だけ、予算の議論を行う時間は削られてしまう。
国民から預った税金を、何にどう使うかを議論するはずの予算委員会で、スキャンダル追及ばかりしてしいるから税金の使われ方が分からなくなってしまうんだよ。

「疑惑」の追及は司法の場で行えばいいし、国会でやるにしても予算委員会でないところでやるべきじゃないの。国家予算を決める貴重な時間を「疑惑の説明」などに使ってもらっては、国民が困るだけだ。
国民も、景気対策や福祉に力を入れてほしい、年金や老後の安心をと言うけど、スキャンダル追及を優先して「税金の使い道を議論しない国会」をおかしいと思わないといけない。マスコミの情報操作のせい? マスコミと官僚にうまく騙されてる?

「政治とカネ」の問題を追及するのが国会議員の仕事なのかよ。そんなの誰でもできる。
国や国民が大変なときに、予算委員会の場でスキャンダル追及ばかりする国会議員の感覚って絶対に変だ。というかアホ。そんな茶番やってないで、国民生活を一番に考えて、予算の議論をちゃんとやれよ。しわ寄せは国民に来るんだから。

世界経済の危機的状況。その中で日本の経済をどう立て直すかの議論するために開かれたのが今回の臨時国会のはずでしょ。
ところがこの1ヶ月、予算委員会では予算そっちのけで「政治とカネ」と「尖閣問題」が議論されてきた。ノーベル平和賞をとった中国人がどうのこうのということまでやっていた。ハッキリ言ってどうでもいいよ。
議員の誰もが予算の中身なんて問題にしないから、最後は官僚が作った予算案がそまま素通りして成立してしまう。喜んでるのは官僚だけだよ。そんでその結果、日本は莫大な借金を抱えるようになってしまった。
頭のいい官僚が作った予算案をちゃんとチェックしろ。
予算委員会でチェックしてこなかったから、今頃になって「事業仕分け」なんかしなきゃいけなくなっってしまったんだろ。
二度手間だし、それこそ無駄遣いだよ。

政権交代しても何も変わらない。
いつまでこんなこと続ける気だよ、全く!

それにしても菅政権って…
あまりに経済音痴というか政治音痴すぎ。
円高を放置状態。音痴どころか無能まる出し。素人集団か。
生活ができなくて、自殺しようとしている人たちもいるんだ。給料が払えなくて、闇金に手を出さなきゃいけない中小企業の経営者がいっぱいいるんだ。こういう時こそ政治が力を発揮しなきゃいけないだろ。

政権公約は平気で破るし、雇用も経済もダメ。
検察を抑えられず、中国にはナメられっぱなし。
トップには正しい認識と正確な判断、強いリーダーシップが必要だ。それがないと言うのは、ほんと不幸だし危険なことだ。それが一国のトップであるなら「罪」にも値することだと俺は思うよ。

トップがこんなだと、日本はますます落ちるのも目に見えている。
この政権は、一体「日本」をどこへもっていきたいのだろう?
今さらだけど、強いリーダーがほしいよ。

こうなる結果は目に見えていたよ。

小沢一郎氏になんとか勝ってもらって頑張ってほしかったな。


スポンサーサイト
19:10  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。