スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.28 (Sun)

「人間力創造フェスタ」に参加してきました

2月27日(土曜)、大館市の秋田職業能力開発短期大学校で「おおだて発人間力創造フェスタ」に参加してきました。

主催は、「おおだて発人間力創造コンソーシアム」でした。
働くこと、生きることを見つめ直し、ふるさとを元気づける活動につなげるため、各機関がこれまで実施してきた情報・ノウハウの提供、意見交換、相互協力のあり方などを検討することを目的としているそうです。

午前中は、学校関係や各種機関、企業が取り組みの事例発表を行いました。
小学校の教頭、中学校の校長、高校の先生がキャリア教育など専門的な内容を発表し、休憩を挟んでNPOや東北電力、曲わっぱ協同組合が活動事例などを発表しました。

学校の先生たちはもちろん、各団体のみなさんも、こういう発表の場慣れしているというか経験も豊富そうでプレゼンテーションの準備も万端、おまけに話の専門家だけあって発表がうまかったです。

私たちNPO法人あいは、今回の発表方法についてもあまり詳しく説明を受けてなくて、当日に他団体の発表を見て、「こんなに本格的にやるの」って感じで、発表する私は超あせりました。
プレゼンの仕方は、他団体には完全に及びません。
今さら、あせってもどうにもならないので、落ち着いて内容で勝負。
まあ、何とか終わりました。

今回、初めてこのような発表の場へ参加させていただき、いろいろ勉強になりました。
前もって、担当者と発表する本人が、詳しい打ち合わせをすることが絶対に必要ですね。私は、当日初めて顔を合わせて話しました。
プレゼンの方法、資料はいるかなど、そして、発表者が「車いす」使用なら、会場を下見して必要な物を準備してもらわなきゃいけません。
それとステージに上がる方法まで決めておかないと、その時になってまごまごしてしまいます。誰が「車いす」のどこを持つとか、どうやって上げるとかなど。

今回のような、ぶっつけ本番は良くないです。
反省を次の機会に活かしたいと思いいます。

何はともあれ、「人間力創造フェスタ」を無事に終えることができました。
このような発表会が、どういうものかも分りましたし、次は完璧にやれるでしょう。

私たちの活動に注目を頂き、このような発表の機会をいただいた「おおだて発人間力創造コンソーシアム」の皆さまには感謝いたします。
そして、「人間力創造フェスタ」の開催が、今後の大館の発展に役立ち、有意義なものとなっていってほしいと思います。

本当に、どうもありがとうございました。


スポンサーサイト
19:22  |  NPO活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。