スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.31 (Thu)

2009年

みなさんにとって、この1年はどんな年でしたか?

変化の激しい2009年。
先の見えない大不況、失業率も上がる一方で、閉塞感が社会全体を覆っています。
不況と雇用の悪化、地球温暖化と異常気象、北朝鮮の核開発、終わりが見えないテロの報復。
目を背けたくなるような「不安」や「危険」が存在し続けています。

でも、私たち人類は、今まで何度も最悪のピンチを乗り越えてきました。
大恐慌も気候変動も戦争も、過去に人類が経験し克服してきたものです。
解決の糸口は必ずあります。過去の経験から学ぶべきことはあるはずです。

希望…
戦国の世から江戸時代にかけ、領地を会津藩120万石から米沢30万石に減封された上杉藩。
大老の「直江兼続」は、それでも家臣のリストラは絶対に行いませんでした。
どんなに苦しくても、みんなで耐え忍ぶ。
そして、全力で戦う!

営利を優先し、派遣切りや解雇を真っ先に行なう現代に、何かメッセージを送っているような気がします。
「義」と「愛」の精神を貫き、誇り高く生きた日本人がいたんです。
その血が、私たちの中に脈々と流れているんです。

時間がかかっても「種」からは、いつか必ず芽が出てきます。
そして花を咲かせ実を付けます。

光に満ちた春があるから、厳しい冬を乗り切れます。
雪国に暮らす私たちは、特に身を持って知っています。
前向きに生きれば、ピンチの後には必ずチャンスがやって来るんです。
日本は、必ず再生します。


今年も今日で終わりです。
一年間、沢藤聖のブログを愛読くださいましてありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。

みなさんにとって、2010年が希望の年になりますようお祈りいたします。


スポンサーサイト
15:27  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。