スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'03.31 (Tue)

いい経験ができた一日

昨日は、春休み中の姪っ子(小4)と姪っ子の友達を連れて八郎潟のベリーベリーワークスにイチゴ摘みに行ってきました。

というのも、NPO法人あいの「わんぱくキッズおでかけプラン」が、今回はイチゴ摘みだったので何か手伝ってもらいがてら、少しでも福祉とかボランティアというものに接してもらいたいという気がありました。

現地では会員のお孫さん(小3と保育園児)も合流しました。

子どもってすごいですね。

初めて会ったにもかかわらず、すぐに意気投合し前から仲が良かった友達のように遊んでいました。見ていて自然にうれしくなりました。

子どもたちの仲良くなる速さというか連帯感には、ほんとびっくりです。

私の車椅子も格好の遊び道具になっちゃいました。

4人で一緒に一台の車椅子を操作したり押したり、まるでゴーカートやそりに乗るかのように遊んでいました。

遊びながら、坂道や段差などのバリアというものを感じてもらえたのではないかと思います。

苺01

苺02



「わんぱくキッズ」は場所を移して昼食をとり、レクレーションをして最後に記念撮影。
泣いちゃう子もいれば、昼寝してる子、歩き回ってじっとしてない子など、あれだけの人数の幼児がいると記念撮影だけでも一苦労なんですね。
今回初めてわかりました。

仲良し4人は帰りの片付けや施設の掃除も手伝ってくれました。


帰りは五城目のKさん宅に寄らせてもらいました。

彼女は脊損で車椅子を使用していますが、車を運転しどこへでも出歩く積極的な人です。
それが昨年、不幸にも左腕を骨折してしまいました。

数ヶ月間ギブスで固定したのと、骨折の際、神経も傷つけたことにより左腕が使えなくなり電動車椅子生活を余儀なくされました。

自由に動くのは右手一本です。
この骨折は、脊損で車椅子生活になった時以上に辛いものがあったはずです。

でも昨日は彼女の元気な姿を見ることができました。

好きな車の運転を諦めていませんでした。

電動車椅子を使用して、車も運転する人は秋田県にはいないはずです。

一人で電動車椅子ごと車に乗り込み、座席にトランスファー(移動)し、それから車を運転するのです。
全て一人でやる気です。ほんとにすごいことです。

そして更にすごいのは、もっと社会にでて、その姿を多くの人に見てもらい、世の中の偏見の無意味さと福祉に対する理解と訴えていきたいという意欲を持っています。

前例のないことを実行していくには相当な精神力と行動力が必要ですが、Kさんは確実に前進していける人です。

そして最後に、介助者がいない状態で『一人でいつでも、どこへでも行けることが重要なんだ』ということを二人で実感として話してきました。

姪っ子たちも電動車椅子のスピード切り替えを見せてもらっていました。

「早~い、すごい!」と初めて実際に見るスピードにびっくりしていました。

Kさんの明るくて前向きな姿は、姪っ子たちの心にも何か響くものがあったはずです。

私もあらためてKさんのすごさに感心し、そしてパワーをもらって帰って来ました。

一緒に活動できる日が待ち遠しいです。


姪っ子たちも、いろんないい経験ができた一日になったと思います。

私も熱いものを胸いっぱいに感じた一日でした。

また一つ一緒の思い出ができたことをうれしく思うGuyです。


スポンサーサイト
17:01  |  生活日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。