スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2016'02.15 (Mon)

平成27年度秋田県バリアフリー社会形成審議会

12日(金曜)、秋田県バリアフリー社会形成審議会が県庁でありました。
・バリアフリー社会の形成に関する基本計画の概要について
・平成28年度バリアフリー関連事業について
・障害者等用駐車場利用証制度(パーキングパーミット制度)の概要について
・平成27年度バリアフリー推進賞について

28年度の秋ごろ、いよいよ秋田県でもパーキングパーミット制度が始まります。
これは車いす駐車場の利用を、県が利用証を発行し、車いす使用者など利用できる人を明らかにすることで適正な利用を促すことを目的とします。
それだけ?
ハイ、それだけです。

この制度により、車いす使用者など広いスペースを必要な人が利用しやすくなるのは確かです。
でも、それだけでたまたま空いていたからなど安易な理由で停めてしまう人が減るのかには大いに疑問があります。
というのも、パーキングパーミット制度には強制力がないので。
だから、もし車いす駐車場に利用証がない車が停まっていても何もできない。
通りすがりに、白い目で見るだけ。
そのことについての県の回答は、人のモラルや思いやりを信じるしかない、とのことでした。
結局、そこかい。
利用証といっても、従来の車いすマークに「秋田県」の文字が入るだけ。
効果はどれ程あるのだろう。

そして、歩ける身障者にもスペースが広く設けられている車いす駐車場が必要なのかも問題になりました。
これについては、従来の車いす駐車場の他に、その隣りに歩行困難者用(一般スペース)の駐車場を設けることになりました。
車いす駐車場は青で、身障者駐車場は緑です。

パーキングパーミット制度の効果については個人的にはそんなに期待していない。
今よりは、少しはいいかな、程度。
でも、制度の導入により県民の意識向上につながるかもしれない。

徐々に意識向上、、、

そう、そのことに期待したい。

「NPO法人あい」の車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動は、まだまだ必要だと実感しました。


スポンサーサイト
19:58  |  車椅子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2015'06.12 (Fri)

秋田労災病院の車いす駐車場

11日(木曜)、3ヶ月に1度の定期診断で労災病院に行ってきた。
9時に駐車場に着くと、いつも全然違う光景。
6台分ある車いす優先駐車場に、車が1台も停まってない。
珍しいし、というか初めて。いつもは満車状態なのに。
どこぞの施設の送迎車や、お年寄りを乗せてきた車、はたまた、車いすとは全然関係のない人の車で。時には軽トラまで停まってるし。いわゆる健常者といわれる人たちが、我先にと車いす優先駐車場に停めようとする。それが、ここの現状だった。

車いすにトランスファー(移動)して玄関に向かう途中、いつも玄関前を掃除したりしているおじさんがいたので聞いてみた。
「珍しいですね、こんなに空いてるなんて。何かあったんですか?」と。
おじさんが言うには、5月から車いすの人が運転する車しか停めれないようになったという。それ以外の人が停めようとしたら、おじさんがが協力をお願いしてるそうだ。
そんあ話を聞いてあらためて駐車場を見ると、「車いす専用駐車場」と看板がかかっていた。

最近はどこでも見掛けるようになった車いす駐車場。
でもそこは本来、車を運転する本人が車いす使用者であることを前提に設けられたスペースだと思う。
車いすの駐車場は一般の駐車場よりスペースが広く作られている。
車から車いすを出して、その車いすに乗り降りするには、車のドアを全開にしなければいけない。一般の駐車場ではドアを全開できないので、そもそも車いすを出すことすらできない。
そのためにスペースを広くとってある。

そんなこと、あなたに言われなくてもわかってますよ。。。
確かに、、、
ほとんどの人がその意味を知っているはずです。
ではなぜ、車いす駐車場に停める人が多いんでしょう?
とりあえずぅ、自分さえ良ければぁ、それでいいんでぇ、、、
ハイハイ、自分だけ良い思いをしてください。
でも、ちゃんと見られてますよ、あなたの自分さえ良ければ。

車いす駐車スペースは、そこにしか停めることができない人のために、社会の配慮や人の優しさで作られていると思う。そこはたくさんの思いやりが込められている。
本当に必要な人のために、車いす駐車スペースを空けていただければうれしいです。

車いす使用者が多い病院。
改善されるどころか、ますます悪くなる一方の車いす駐車場。

この現実に、ついに病院側も強行策って感じです。

これも仕方ないですね。。。


20:28  |  車椅子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.05 (Sun)

車いす駐車場 … 大館樹海ドーム、マンモスフリーマーケット

7月4日(土曜日)、毎月第1、第3土曜日、能代で開催しているIT講習会に行ってきました。喉がまだ本調子でなかったので、今回もサポーターをしました。

帰りに、姪っ子から電話。
翌日の車いす駐車場「思いやりスペース」のチラシ配りの手伝いを頼んでいたので、友達と今日泊まって手伝うとのこと。
さっそく、姪っ子と二人で近所の、いとく片山店へ買い物。
家に着いたら、別の近所の友達も泊まり、翌日のチラシ配りも手伝うことに!
最初から泊まる予定の姪っ子の友達は、7時過ぎに、お母さんに送ってもらって到着。
子どもたち3人揃って、賑やかに夕食。
夕食後は、全員でチラシ配りの予行練習。

大館チラシ01


風呂に入らせて、10時過ぎには寝かせましたが、夜中の2時半まで「ペチャクチャ」やってたようでした。これが楽しいんでしょうね、子どもたちって。

7月5日(日曜日)は、NPO法人あいの、車いす駐車場「思いやりスペース」のチラシ配り。
会員や賛同してくれる仲間が、9時半過ぎに大館樹海ドームに集合。
今回は秋田中央地区から2人が応援に駆けつけてくれました。ほんと仲間って有難いです。
まずは、全員で風船の膨らまし。
初めての人が多く、風船を飛ばしてしまったり、しぼませてしまったりと悪戦苦闘しながら、楽しく作業しました。明日は、腕が筋肉痛かな。

大館チラシ03

今回も秋田県の後援があり、「杉っち」のキャラクター入りのポケットティッシュと風船を一緒に配り、多くの人に理解を呼びかけました。
会場は、大館市エコフェア&マンモスフリーマーケットなので家族連れが多く、子どもたちには風船が大人気。ティッシュはお母さんや中高年の方に大人気でした。
中には素通りして行く人もいましたが、多くの人が受け取ってくれて「ごくろうさま」、「頑張って」と声を掛けてくれる人もいました。
どういう活動ですか?と聞いて、説明に共感してくれる人もいました。
同じ職場の人、友人知人、同級生など多くの人が声を掛けてくれました。ほんと嬉しかったです。有難うございました。
途中から、おじいちゃんたちと来ていた姪っ子たちの友達が、一緒に手伝ってくれて、子どもたちは4人で頑張ってくれました。

大館チラシ02

姪っ子たちの感想・・・・・
・「お願いします」と声を掛けても、知んふりして行く人もいたが、「頑張ってるね」と言ってくれる人もいて、すごく嬉しかった。
・小さい子どもたちは、風船をすごく喜んでくれて、嬉しかった。
・「ありがとう」、「こんにちは」と声を掛けてくれた。
・もらわない人がいたけど、めげずに頑張った。もらってくれると、超うれしい気持ちになった。

姪っ子たちの頑張りは、ほんと助かったし嬉しかったです。
私も、姪っ子たちが「よろしくお願いします」とチラシを渡しても、全く受け取ってもらえないどころか、見向きもされずにいた姿を何度か見ました。
でも、姪っ子たちは全くへこたれずに、他の人に声をかけて渡していました。
見ていて、「たくましさ」を感じました。
つい、この前までは、遊びが最優先だった子が、ほんと、びっくりするくらい頼もしくなっていました。
その姿に、私のほうが胸に込み上げてくるものがあり、声が出せなくなっちゃう場面が何度かありました。(涙)
姪っ子たちは、世の中にはいろんな人がいるんだと、いい社会勉強になったはずです。
人の痛みいがわかる強くて優しい大人になってほしいです。

今日は、多くの皆さんに思いを伝えることができ、応援の言葉も頂きました。
人を思う心は、誰でも持っています。困っている人がいれば手助けすることは自然なことです。車いす駐車場も同じことです。
私は「車いすマークの駐車場」は「思いやりスペース」だと考えています。
このスペースには多くの人の思いやりが詰まっています。
心のほんの少しの部分に車いすマークを置いてみてください。
そして、車いすマークを見かけたら、困っている人がいるんだということを思い出してください。

私たちは、「思いやりスペース」を、本当に必要な人が、いつでも使うことができるよう、これからもお願いし続けていきます。



20:37  |  車椅子  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.02 (Thu)

大館樹海ドームでマンモスフリーマーケット … 車いす駐車場

7月5日(日曜日)大館市エコフェア&マンモスフリーマーケットがあります。

それに合わせ、私が参加しているNPO法人あいが、車いす駐車場「思いやりスペース」のチラシ配りを行います。

みなさんも見掛けていると思いますが、全く必要のない人が、このスペースを堂々と使ってしまっていますよね。悲しいですが・・・
本当に、このスペースを必要としている方が、いつでも使えるような優しい世の中になってもらいたいと思っています。

2009チラシ

7月5日(日曜日)
10:30~11:30までと13:30~14:30までの2回行います。

チラシと一緒にポケットティッシュと風船も配ります。
風船は、手作業と口作業?で膨らませます。

福祉やボランティアに興味のある方、肺活量に自信がある方、ぜひ、ぜひ、手伝ってください。

青いシャツを着た一団がいいますので、声を掛けてもらっても嬉しいです。


18:58  |  車椅子  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'04.10 (Fri)

「障害者」の表記

最近「障害者」の表記が「障碍者」や「障がい者」に変わってきています。

「害」という漢字そのものが持つイメージが悪いからだとか。

そう言われれば、害虫や公害などのように「悪い」イメージしかない。
人に対して使う言葉としてもどうなのかな。響きも良くないし。

「子供」も「子ども」になってきました。

「供」という漢字が「お供する」、すなわち子供は大人の附隨物であると連想させる、あるいは神に奉げる「供え物」の意味につながるためだそうです。
まあ、ソフトで親しみやすい印象にはなりますね。

でも、・・・  気にし過ぎのような・・・。

日本の「障害者」にあたる言葉は、アメリカでは昔から「ハンディキャップ」が一般的でした。

その後「ディセイブル・パーソン」に変わり、最近はそれも問題ありということで「チャレンジド」と表現されているようです。

ふつう挑戦者は「チャレンジャー」ですが「チャレンジド」は受け身で表現されています。

「人間には生まれた時から必ず、自分の課題に立ち向かう力が備わっている。挑戦という使命、またはチャンスをより広く与えられた人」という意味だそうです。

なるほど・・・・・、なんか前向きになるし、響きもいいし、力が沸いてくる感じがしますね。

全く違う言葉に変えることによりイメージはもちろん、意識までも変えるきっかけになるのではと期待が持てます。

日本はどうでしょうか。

「障害者」を「障碍者」、「障がい者」に表記を変えているだけです。

書き方が変わっただけで、読み方も意味も同じ。

何か違うんじゃないって感じがします。

表記を変えるのは、配慮の一つの形なのかもしれませんが、私個人としては、気にし過ぎというか、表記だけならどれでもいいじゃんというか、別に変えなくてもいいよって気がします。

障害を持つ多くの当事者も全然気にしてないんじゃないかな。

周りが気にしているだけじゃない?

現に私は「障碍者」も「障がい者」も変に強調されている感じがするし、何かピンとこないです。

社会のあり方を問わずに、障害者の表記だけを変えてみても、障害者認識が改善されることはないと思います。

昔に比べると地域で暮らす障害者の社会参加は、確実に社会の認識を変えてきています。

人は人と接してみないと、その人がどんな人かわからないように、実際に障害者と言われる人と接することで、今までイメージでしか捉えていなかった障害者を、自分の確実な認識としてとらえることができます。(善くも悪くも)

「健常者」だろうと「障害者」だろうと、助けたり励まされたりして共に生きる、それが社会として大事なんです。

言葉のイメージは必要なことなのかもしれませんが、もっと大事なのは人と接すること、ふれ合うことです。

多くの人と接することにより社会全体の価値観も変わっていくのです。

そのためにも障害者が、いつでもどこへでも簡単に出歩ける環境を整えてほしいです。

ちょっと表記を変えるだけというのは何か違う気がします。

自分としては今までどおり「障害者」表記を使うでしょう。

そしてもっと外に出て自分の姿をさらけ出し、多くの人と接することで障害者の固定されたイメージや、人の認識自体を変えていきたいと思っています。


22:29  |  車椅子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。