スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2014'01.27 (Mon)

すごい国、韓国

歴史認識の違いから、「今、会談をしても関係が悪化する」。
そんな感情論で首脳会談を拒み続けているのが韓国の朴槿恵大統領。
一国の大統領たるものが感情で行動するってのも、、、
まぁ、韓国国民全ての感情を代表してることなんだろうが、、、
反日を訴えていれば支持率は落ちませんからね、韓国って国は。

昨年、「日本の統治は良いことだったとワシは思うよ」と口にした95歳のおじいさんが、それを聞いた韓国人青年に蹴飛ばされ、さらに杖を奪い取られて頭などを殴られ殺される事件があった。
その青年には懲役5年の判決。人を殺しても懲役はたった5年。
それどころか、ネット上では被告を「愛国青年」と称し、
「そもそも日帝を称賛した時点でジジイは犯罪者だろ、殺されて当然」
「懲役刑? むしろ勲章モノじゃねえか」
「正義の審判だ!」「裁判官は売国奴!」
などと、殺人を正当化するコメントが記事に多数寄せられているという。
よっぽど日本が憎いのか、反日教育が徹底された結果なのか、、、
反日というだけで罪が軽くなる韓国。
すごい国です。。。。

最近、韓国では「用日」という言葉が使われるようになったそうです。
日本を利用する、活用するという意味らしいです。
自分たちの都合のいい解釈。さすが~
でもね、要は韓国経済の雲行きが怪しくなってきた。
何とかしなきゃヤバイぞ、ということで日本に頼ろうとしているだけのこと。

ウォン高で韓国の輸出競争力は低下してきた。日韓関係の冷え込みも影響し、日本企業の韓国への直接投資額は激減し前年比40%減。日本からの観光客も前年同期比で23.1%減。
そんなこともあり、韓国の世論調査では「日本と韓国が首脳会談を開くべきだ」という意見が49.5%に増えているとか。
日本は超憎いけど、背に腹は変えられない。。。ということでしょう。
政治と経済を切り離し、経済では日本にすり寄り仲良くしていきましょうということらしい。
あまりにも露骨な美味しいとこだけ取り。
まぁ、これも韓国のすごいところです。

韓国高等裁判所は昨年、戦時中の強制徴用に関し、新日鉄住金に続いて三菱重工にも賠償を命令する判決を下した。
しかし、日韓基本条約に伴う日韓請求権経済協力協定によって、完全に、そして最終的に解決済みのはず。
Wikipediaによれば、、、
日本側は日韓基本条約の交渉過程で韓国人個人への補償を日本政府が行うことを提案したが、韓国側はこれを拒否。このため、日本政府が個人補償を含めて一括して経済協力金を支払、韓国政府がその中から個人補償を行うことで合意した。
韓国政府は条約の内容を国民には伏せ、経済協力金の大半をダムや高速道路のインフラ整備に費消し、個人補償は行わなかった。それで漢江の奇跡は成し遂げられた。韓国政府が条約の交渉過程を公表したのは2005年になってからで、2009年、韓国政府は強制徴用された個人に対する補償は日本から受け取った3億ドルのなかに含まれており、日本政府への未払い賃金請求は困難と公式に認めている。

韓国人は徴用した日本企業ではなく、賠償金を自由に使えるように仕組んだ韓国政府に補償を求めなければならない。
なのに、あの判決。
もう反日ということであれば何でもあり。
そのうち、日韓経済協定は日本に騙されて結ばされたんだ、なんてこと言い出しかねないぞ。

今の冷えに冷え込んだ日韓関係。
日本の中韓に対する卑屈なまでの低姿勢、度の過ぎた配慮。
中国、韓国が何でもありのすごい国になったのも、それが原因ですね。
配慮するのも相手による。

道理がわからない何でもありの国への配慮は、リスクを伴うってことを肝に銘じましょう。

もう、関わらないことが一番です。


スポンサーサイト
19:51  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'01.08 (Tue)

政治、世襲

巳(み)年がいよいよ本格始動。
経済再生を最優先とした安倍政権も動き出したし。
昨年末の衆議院選挙の結果は、自民党の勝利と言うより民主党の自滅。
そのことは自民党自身が一番よく知っている。
だから、夏の参院選までは国民が望む「景気回復」に国民の目を集中させている。

国土強靱化という呼び名はともかく、公共事業には莫大な予算が使われる。
復興予算の流用でも明らかになったように、日本の官僚組織は、隙あれば自分たちの都合のいいように予算を使う。そのことに国会議員も見てみぬ振りどころか率先して手を貸す。族議員がウジャウジャいるのもこのため。
こんだけ巨額な財政赤字を作ったのも、票と献金の引き換えに行ってきた公共事業の結果。
公共事業で潤うのは一部の企業だけで、景気は回復しない。自民党は、何度同じ過ちを繰り返す気だろう。
最後には、目も当てられぬほど莫大な借金の山だけが残った。
そうならぬことを望んではいるが、先はもう見えている。
夏の参院選は、自民党の目くらまし作戦がどうでるのか。

隣国を見てみると、、、
日本もそうだが、中国、韓国、北朝鮮、それぞれトップが交代した。
選挙前の安倍さんは、中国、韓国、北朝鮮にも強硬な姿勢で臨むと明言していた。
しかし選挙後は一転、あの威勢もどこへ行ったのやら。
そういえば、、、
韓国の朴槿恵さんは元大統領の娘だし、中国の習近平さんも父は副首相だった。
安倍さんも政界のサラブレッド。みんながみんな世襲政治家だ。
んで、世襲の親玉みたいなのがもう一人北朝鮮にいる。

みんなトップにまで上り詰めたのだから、さぞかし「できの良い子どもだち」なんでしょうが、よくもまぁ同時期にこんだけ揃いも揃ったものです。
そうだ。
この際だから、アジア世襲政治家首脳会議でも開催して同じテーブルで顔を並べてみたら。

親の遺訓を胸に。

それがいいと思います。。。


19:47  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.20 (Thu)

選挙結果から消費税増税について

衆院総選挙は自公の圧勝で終わった。自民294、公明31と合わせて衆議院の3分の2以上。
自民党が圧勝したことで消費税増税、原発再稼働、憲法改正を国民は容認したことになる。
けど、国民は本当にそれでいいのかな。。。

国民生活に直結する消費税。
超不景気でデフレ状態の今、消費税が上がれば景気はさらに冷え込む。
庶民の財布の紐が固くなり、ますます物を買わなくなってしまうから。
ということは、結果として税収は減る。過去の消費税導入や税率アップがそれを証明している。

安心できない社会保障、減らされていく年金。もっと財布の紐が固くなるのも当たり前。
社会保障と税の一体改革と言いながら中身は不明、年金問題も然りで増税だけが先行。
順番がまるっきり逆。不安ばかりが増していく。
消費税の増収分も、復興予算が被災地とは全く関係ない事業に流用されたように、社会保障費に使われるかはなはだ疑問だ。
現に自民党は国土強靱化という名のもと、10年間で200兆円の公共事業を計画している。
公共事業で経済は成長しない。一時的に大手ゼネコンを潤すだけで、償還しきれない巨額な建設国債だけが残る。
バブル経済崩壊後20年間で投入した莫大な公共投資の結果、一千兆円という気が遠くなるまでに国の借金は膨れ上がってしまった。この現実を見てみれば明らかだ。
増え続ける借金は、社会保障費だけが理由ではない。

このまま行けば、消費税は2014年4月に現在の5%から8%へ、15年10月には10%に引き上げられる。
政治家も身を切る覚悟があるというなら、なぜ巨額の政党助成金に切り込まない。天下りだって増えてるぞ。
中央官僚も、それをチェックすべき国会議員も、国民の大切な税金を無駄にしているとしか思えない。だから、消費税の増税は絶対に納得できない。
来年夏の参院選、これが消費税増税をリコールできる最後のチャンスとなる。
消費が拡大して経済が成長し、税金の無駄が無くならない限り増税は反対だ。
これは当初、シロアリを退治するとか民主党が言っていたことなんだけど。

巨額の財政赤字、ずさんな原子力行政など、今の日本の課題を作り上げたのは官僚に操られた自民党だ。

過去の反省や総括もしていない自民党に政権が戻る。

同じ過ちを繰り返さないことを切に祈る。


19:50  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.07 (Fri)

2012総選挙「脱原発」

東日本大震災を経験し、原発事故の怖さ悲惨さを目の当たりにした日本国民。
脱原発を選ぶのか、それとも当面は原発に依存するのか。
国民の判断がそれを左右する。

民主党は「二〇三〇年代に原発ゼロ」。と言いながら閣議決定していない。
野田さんは「福島の再生なくして日本の再生はない」という。この人はほんと美辞麗句を並べるだけで中身なし。本当に復興最優先というのなら、なぜ復興予算が被災地とは全く関係ない所に使われる? 言葉だけで、全て官僚任せだからだ(というか言いなり)。原発再稼働にしてもそう。

日本維新の会は「既設原発は二〇三〇年代までにフェードアウト」。けど、石原代表は原発維持を主張。新設するかもしれないぞ。政策がコロコロ変わり党内がバラバラな政党は信用しない方がいい。何も実現できないんだかから。なぜ、そう言い切れる? 民主党がそうだったから。
日本未来の党は「二〇二二年をめどに、段階的に全原発をなくす」。
公明党は「可能な限り速やかに」、みんなの党は「二〇年代」。
社民党、共産党は「即時」。
自民党は「十年以内に電源構成のベストミックスを確立する」と、当面は原発を維持する方針。相変わらず利権に群がる政治は変わらないようだ。

多くの人が放射能汚染によって古里を奪われた。
これは決して人ごとではない。地震大国である日本、あちこちの原発敷地内に地震を引き起こす活断層が見つかっている。原発の安全を確証できる場所なんて日本のどこにもないんだから。

電力各社が電気料金を値上げしている。
福島原発事故で各地の原発が停止に追い込まれ、火力発電量を増やすために高い化石燃料を買わなければいけないから、ということらしい。
だからといって「原発依存に戻る」と考える国民がどれだけいるんだろう。
それに、原発の発電コストは従来試算より5割も高いことがわかった。事故の賠償費だってとんでもない額だ。それらを考慮すれば火力発電以上のコストだ。
電気料金が上がると日本経済は立ち行かなくなると言う(維新の石原さんも経団連会長も)。
でもね、原発事故で損なわれるもの失うものの方が比較にならないほど大きいんですよ。
日本の技術力で世界を引っ張るほどの開発をしていく。その方が経済にも未来が開けるはず。

それに、安全や料金以上に重要な問題がある。そう、使用済み核燃料。
もう既に原発内の貯蔵プールだけでは間に合わない状況だ。処分場もないし、その方法すら決まってもいない。
放射性物質の半減期は10万年。無くなるまでとなると、途方もない年月を要する。放射性物質が自らの寿命で減っていく以外、人間はどうすることもできない。即時、原発を廃止しても数10万年以上も管理し続けなければならない。それが今の原発である。
それでも、原発を動かし続けるというのか。

今回の衆議院選、自ずと候補者は絞られてくる。
願いを込めて一票を投じたい。

ちょっと前の17時18分、三陸沖で震度5、マグニチュードは7.3の地震が発生した。
日本全国、どこで地震が起こるかわからない。

福島原発事故級の事故があったら、誰がどう責任取るんだ。

それでも原発を動かすの政治屋さんは?


20:08  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'12.03 (Mon)

今回の選挙

大震災による福島第一原発事故後、初の国政選挙が明日公示される。
もちろん争点になるのは「脱原発」。

嘉田滋賀県知事の呼び掛けで生まれた日本未来の党は、「二〇二二年ゼロ」の卒原発を打ち出した。
日本維新の会は、当初脱原発を大々的に訴えていた。だが、太陽の党との合流で、「脱原発」は消えた。そして、卒原発の未来の党が脚光を浴びると、「三〇年代までにフェードアウトする」とした。そして、橋下さんは日本未来の党への批判も激しくなってきた。
その一方、脱原発を「理念と称するセンチメント(感傷)」と批判する石原慎太郎代表は、「フェードアウトってどういうことですか?原発を?それは違います。そういう公約は直させます」と言及する始末。
民主党は「三〇年代ゼロ」とした。しかし、大飯原発を再稼働したし、「三〇年代ゼロ」新エネルギー戦略の閣議決定を見送った。ということは、原発はその内無くすようにはするけれど、今は稼働さますよということ。
社民党と共産党は「即時ゼロ」。みんなの党は「二〇年代ゼロ」など。
多くの政党が脱原発の風に乗っかろうとしている。

そして今回の選挙で争点にしなければいけないのが、民自公3党が協力して可決させた消費税増税。
民主党は、消費税は増税しないと公約で謳い国民を騙し打ちにした。
当初はこの法案が可決される前に「国民に信を問う」とも言っていた。
本来ならそれが筋なのに、今にずれ込んでしまった。
消費税増税意外にも重要政策が出揃った今、総理が解散に踏み切ったというのも官僚の入れ知恵か。民自公の3党にしても、消費税以外に争点を作れば国民の目を反らさせることができると思っているんだろうな。

今回の選挙で国民に問われているのは消費税増税の是非。
民主党、自民党、公明党、国民新党という消費税増税賛成政党と反対政党。
賛成政党が過半数を獲得すれば国民は消費税増税を認め、民自公3党合意を支持した事になる。
反対政党が過半数を得れば消費税増税は廃止され、国民は3党合意にNO!を突きつけた事になる。

12もの政党の乱立。
先日の党首討論でも、総理大臣であるにも関わらず全く目立たない野田さん。
美辞麗句を並べるだけで気持ちも中身もないから当たり前だけど。
消費税増税を決め、原発を稼働させた民主党はもう終わり。自民党もいらない。
方向がころころ変わり原発をフェードアウトするという日本維新の会。
これも有権者の顔色うかがいと見た方がいい。
フェードアウトとは、少しずつ暗くり無くなっていくこと。日本維新の会自体がフェードアウトにならないように。

方向性が見えない日本の政治。

各党がどのように取り組んでいくのか見極め、その上でしっかりと一票を投じたい。


20:07  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。