スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2015'01.28 (Wed)

「ラップ」 GOMESS(ゴメス)

ラップをする人をラッパーと呼ぶ。あたりまえ。
MC(master of ceremonies)と呼ぶ人もいるが、人それぞれですね。
礼節を重んじ、表に出ることに抵抗を感じるのが多い日本人。
中々馴染めないかもしれないが、そんな日本人だからこそ既成の概念を打ち破ると一気にハマってしまうのかもしれない。

僕がラップらしきラップを始めて耳にしたのが10年前に半年間滞在していたフィリピン。
向かいに住む、ちょっとイッてそうな兄ちゃんが朝から晩までエミネムの「Lose Yourself」を大音響でリピートしてた。それも毎日。
よくあれだけの音に誰も文句を言わないもんだなと思っていた。
いい加減にしろ。音がデカすぎ。周りの迷惑を考えろ。
なんて思ったのは僕だけだった。
僕の周りのフィリピン人はみんな、あの大音響にノリノリ。
大らかだなフィリピン人って。

毎日、朝から晩まで騒音としか思えなかったエミネムのLose Yourselfも、日本に帰って数日したら、今度はやたら聴きたくなった。8mieも観たし。
それが僕のラップとの始まりだった。今では僕が聴く曲の半分はラップ。
それでも、日本語のラップ曲はあまり聴かなかった。ヒップホップ程度。
日本語がラップには合わない、そんな勝手な先入観があったから。
吉幾三の「俺ら、東京さ行くだ」もラップ?
それにラッパーは、みんなキャップかぶってダブダブの服着て、Hey !Yo!Yeah!
なんかなぁ~、って思っていた。
しかし、ここ数ヶ月でその思いが変わり始めた。カッコイイじゃんって。
マイクを握り締め、恥や外聞、弱さまでをもパワーにして力強く思いを叫ぶ姿。
伝わるものがある。

GOMESS(ゴメス)
ささいなことからパニックを起こして人前で暴れ、10歳で広汎性発達障害と診断された。
中学生のときにラップと出会う。
GOMESSは「ラップをしていたら自分が自分であることを証明できる」と言う。そしてGOMESSは駅前で、一人でラップをした。



生きづらさや苦しみをさらけ出し、ラップで叫ぶ彼に熱いものを感じた。

何ごとも全力で挑む。

そこから必ず何かが始まる。



小峠もカッコイイぞ。


スポンサーサイト
19:47  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'01.23 (Thu)

世界は囁いて、優しさに包まれた

「Headlight」。
この曲を初めて聴いたとき、熱いものが込み上げてきたのをハッキリと覚えてる。
心に響くものがあった。

歌っているのは「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」。
宮城県在住のメナードとブレイズのプラント兄弟(カナダ人)と日本人の4人組バンド。
この「Headlight」は、東日本大震災の復興応援ソングでもある。

東日本大震災、そして原発事故。
多くの在日外国人が、こぞって日本から脱出して行った。
プラント兄弟も?
いや、彼らは違った。
それどころか実際に被災地まで赴き、多くの人たちとふれあい、支え励ましていた。
自分たちができる、歌で。

多くの人が家族を亡くし、家を失い、避難所生活を強いられた。
今までの生活が破壊されてしまった。
そんな打ちのめされた状態の被災地の中で彼らが感じたこと。。。

それが「世界は囁いて、優しさに包まれた」という言葉に込められていると僕は思う。

タイトルの「Headlight」、、、

それにはきっと、未来を照らす「希望」という思いが込められているはずです。。。



******************************
「Headlight」 MONKEY MAJIK(モンキーマジック)

そうか…失せる sorry
No luck 途中で empty
今も never thought you’d bring me down
More wine 誰の真似
So wise ここに立って
これからどうなる change my life
It’s never gonna bring me down
No never gonna bring me down
昇って沈む日が笑っていた
It’s never gonna bring me down
No never gonna bring me down
I got up and I changed my life
どうして人はみんな
昨日に 寄り添うの
哀しみを 知っていながら
I’ve gotta live on ’cause now I’m moving on
世界は 囁いて
やさしさに つつまれた
ありがとう キミの声で
たちあがる
And now I’m moving on
Now I don’t know where I need to go
There’s always kindness standing by your side
I watch the rain fall just like I knew it would
There’s room to go on
So now I’m living on
Last night I woke up in the night
たった一度きりの
いつも囚われ spider web
ほらすぐそこには straight line
がんじがらめ headlight headlight
これからどうなる change my mind
It’s never gonna bring me down
No never gonna bring me down
昇って沈む日が笑っていた
It’s never gonna bring me down
No never gonna bring me down
I got up and I changed my life
そうして 人はみんな
明日に 寄り添うの
喜びを 知っているから
I’ve gotta live on ’cause now I’m moving on
世界は 囁いて
やさしさに つつまれた
ありがとう キミの声で
たちあがる
And now I’m moving on
遠く古い記憶に怯えていた
今が強く高くなる程に
夜が明ければ全てなくして
迫りくる
When will it come again
世界は
煌めいて
さよなら
このひかりよ
だからもう
迷わないで
たちあがる
And now I’m living on
世界は 囁いて
やさしさに つつまれた
ありがとう キミの声で
たちあがる
And now I’m moving on
Now I dont’t know where I need to go
There’s always kindness standing by your side
I watch the rain fall just like I knew it would
There’s room to go on
So now I’m living on
Oooh!
I watch the rain fall just like I knew it would
There’s room to go on
So now I’m living on
******************************


20:43  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'04.05 (Fri)

「Stereo Hearts」

たまたま聞いた(聞こえてきた)曲が、ガツンと心に響いたりする。
今、僕がハマッている曲もそうだ。毎日聴いている。
もちろん通勤、帰宅時もリピートで。

曲を気に入るかは、曲調やリズムがビビっと来るかどうか。
それが第一条件。
歌詞がいいから好きになったという人もいるが、曲は先に耳に入っている。
曲は感覚、歌詞は理解。
単純な僕はやっぱり曲調から好きになる。

んで、今ハマッている曲が「Stereo Heart」。
曲調がいい。途中にラップもありノリもいい。
このノリノリ感が好きだ。
歌詞もまだ半分以上理解できてないのに、曲を聴いているだけで自然と元気になる。
前向きになるし。

家でも車でも、聴いているのはいつも一人の時だけ。
そういえば、僕は一人の時が多いな。。。
孤独も好きなので、それも十分いいけど。

よし、もっと「Stereo Hearts」を聴いて、元気に動き出すぞ。

春だし。



Gleeバージョン



「Stereo Hearts」~Gym Class Heroes~

My heart's a stereo
It beats for you, so listen close
Hear my thoughts in every note, oh oh.
Make me your radio
Turn me up when you feel low
This melody was meant for you
Just sing along to my stereo
*1
If I was just another dusty record on the shelf
Would you blow me off and play me like everybody else?
If I asked you to scratch my back, could you manage that?
Like yyyeah, checka Travie, I can handle that
Furthermore, I apologize for any skipping tracks
It's just the last girl that played me left a couple cracks
I used to used to used to used to, now I’m over that
Cause holding grudges over love is ancient artifacts
If I could only find a note to make you understand
I'd sing it softly in your ear and grab you by the hand
Just keep it stuck inside your head, like your favorite tune
And know my heart's a stereo that only plays for you
*2
My heart's a stereo
It beats for you, so listen close
Hear my thoughts in every note, oh oh
Make me your radio
Turn me up when you feel low
This melody was meant for you
Just sing along to my stereo
Oh oh oh oh, oh oh oh oh to my stereo
Oh oh oh oh to sing along to my stereo
*1繰り返し
If I was an old-school fifty pound boombox
Would you hold me on your shoulder, wherever you walk
Would you turn my volume up in front of the cops
And crank it higher everytime they told you to stop
And all I ask is that you don't get mad at me
When you have to purchase mad D batteries
Appreciate every mixtape your friends make
You never know we come and go like on the interstate
I think I finally found a note to make you understand
If you can hit it, sing along and take me by the hand
Just keep me stuck inside your head, like your favorite tune
You know my heart's a stereo that only plays for you
*2繰り返し
My heart's a stereo
It beats for you, so listen close
Hear my thoughts in every note, oh oh
Make me your radio
Turn me up when you feel low
This melody was meant for you
Just sing along to my stereo
Oh oh oh oh, oh oh oh oh to my stereo
Oh oh oh oh to sing along to my stereo
*1繰り返し
I only pray you'll never leave me behind (never leave me)
Because good music can be so hard to find (so hard to find)
I take your hand and pull it closer to mine
Thought love was dead, but now you're changing my mind
My heart's a stereo
It beats for you, so listen close
Hear my thoughts in every note, oh oh
Make me your radio
Turn me up when you feel low
This melody was meant for you
Just sing along to my stereo
Oh oh oh oh, oh oh oh oh to my stereo
Oh oh oh oh to sing along to my stereo
*1繰り返し


19:41  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'03.24 (Sun)

「Learn to fly」 a1

誰にでも心に残る忘れられない曲ってある。(んっ、どっかの歌謡番組みたいだぞ)
曲からリンクした思い出も、人それぞれに必ずある。
そして、その曲を聴けば思い出をリアルに、いつでも再現できるし。

僕のそんな曲の中の一つに「Learn to fly」ってのがある。
初めてこの曲を耳にしたのはフィリピン。
それもマニラから滞在先に帰る長距離バスの中で。
その時、マニラ湾には夕陽が傾きかけていた。バスの中の僕を、夕陽が斜め後ろから照らしていた。一人感慨に浸っていたときに流れてきたのが、このLearn to fly。(まだ曲名は知らない)
グッドタイミングって、ほんとこのこと。
そのシチュエーションに、この曲がいい感じにオーバーラップした。
映画かドラマのワンシーンのように。。。
あの光景は今でも鮮明に覚えている。

歌詞は所々しか聞き取れなかったが、曲が僕の心にガツンと響いた。
しかし、聴いたのはその一回だけ。もう流れてくることはなかった。
曲名も、ましてや誰が歌ってるのかすらも分からずだった。

数日後、たまたまテレビから流れてきた曲に僕の身体が反応した。
そう、マニラからの帰りにバスの中で聴いたあの曲だった。
すかさずチェック。
曲名は「Learn to fly」、歌ってるのは「a1(エイワン)」というグループ。
翌日にはCDを買った。まがい物なので100円くらい。歌詞カードなんて無いし。
でも、やっぱ歌詞がほしい。
アテンダント(ヘルパー)に聞き取って書いてもらった。ワンフレーズごと地道に。
ありがとう、ベス。

それからは毎日のように聴いていた。曲もいいけど歌詞もまたいい。
よし、日本に帰ったらカラオケ行って歌うぞ。バッチリ決めてやる。
ということで、帰国後、カラオケに行く機会があった。

Learn to fly、歌うぞ!
はっ、無いじゃん。

一瞬、めまいした。酔いも覚めた。

これが、僕にとってのLearn to flyの思い出です。





19:38  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.15 (Thu)

Adele(アデル)

今日はかなり冷え込んだ。寒さが肌身にしみる。
冷たい風に吹かれ、木から落ちて舞う枯れ葉を見ると、訳もなく寂しさを感じてしまう。
そんなとき、じっくり聴いてみるといいのが「アデル」の曲。

アデルといえば、、、
実はほとんどわからなかった。
最近出てきたシンガーソングライター、グラミー賞を総なめにした、そんな程度。
そして僕的にはレディガガがいい、曲を聴いてもいないのに、そう勝手に思い込んでいた。
たまたま見かけたアデルの動画。ちょっと太め。雰囲気もレトロ。
なんかオバサンっぽいな。でも、20代半ばだとか。まぁ見た目はどうでもいいや。
問題は、曲がどうか。

ということで、聴いてみた。
うそっ、いいぞ。なんか、来るものがある。
まずはピアノから入ってくる曲の出だしで引きつけられた。
そして歌声。ハスキーで曲と妙にしっくりとマッチしている。
曲を聴いたとたん、完全に引き込まれてしまった。
そして、聴くたびに、ますます聴き惚れてしまう。
懐かしいような感覚がどこからともなく湧いてくる。
ジ~ンとくるこの感じ、何だろう。マジでウルウルくる。

歌詞はなんとなくわかるが、別にそれは僕には大して問題ではない。

曲と歌声から感じる懐かしさとか、気持ちが揺さぶられたりとか、こういう感覚が好きだ。


ということで、アデルの「Set Fire To The Rain」をどうぞ。




19:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。